FC2ブログ

黒猫の勝手気ままな放浪記

 自分の趣味に走るとこうなってしまった(」゜□゜)」 という女子高生が送るブログです。
 § スポンサーサイト
--年--月--日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --:--:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) |  CM(-) |

 § エイジ
2007年11月22日 (木)
ブックレビュー * 小説・文学

エイジエイジ
(1999/01)
重松 清

商品詳細を見る

重松清さまのエイジです。
中学生のお話です。
膝を痛めてスキなバスケを辞めざるをえなくなった主人公と
彼を取り巻く、個性いっぱいのクラスメイトたちの物語。
主人公たちの学校のあるニュータウンで
連続通り魔事件が起こります。
それを受けて、主人公たちが考えます。ひたすらに。
自分に置き換えてみたり、ニュースにでてくるたくさんの『少年』について考えたり。
通り魔の正体もビックリです。
どきどきはらはらのスリルはもちろんふっと考えてみる一瞬が
ある一冊です。

スポンサーサイト

[ 18:59:02 ]  小説TB (0) |  CM (0) |

 § 4TEEN
2007年11月21日 (水)
ブックレビュー * 小説・文学

4TEEN4TEEN
(2003/05/22)
石田 衣良

商品詳細を見る

石田衣良様の4TEEN。
14歳の仲良し四人組に起きるちょっとした事件。
ほんとに些細な事から殺人事件まで。
子どもなのか大人なのかわからない。
そんな微妙な年齢ですが、
だからこそなのか、いろいろな事を考えたりするものなので。
そんなこんなをいくつかの話にまとめてあります。
ここにある話は

ありえない話ではないのです。

実際にありそうな“近さ”を持った一冊です。
大人でも読んでみると、
忘れかけていたものを思い出すきっかけになるかもしれません。

[ 16:12:05 ]  小説TB (0) |  CM (0) |

 § サークル・オブ・マジック 邪悪の彫像/王様の劇場
2007年11月20日 (火)
ブックレビュー * 小説・文学

サークル・オブ・マジック 邪悪の彫像/王様の劇場サークル・オブ・マジック 邪悪の彫像/王様の劇場
(2003/03)
デブラ ドイル、ジェイムズ・D. マクドナルド 他

商品詳細を見る

昨日読み終わったほん。。
サークルオブマジックです。

修行中の旅をしている魔法使いの旅のお話しです。
魔法で人を殺してしまったり、友だちをなくしたり。
旅の途中で起こる困難が主人公の少年を深く悩ませます。
そんな少年の苦しみとか喜びとか、
感情がすごく自然に伝わってきて面白いです。
内容の方も、ハラハラドキドキの展開で、勢いもあり、一気に読めちゃいます。
文章自体はすごく読みやすいので、いろんな人が楽しめる本だと思います。

[ 17:13:22 ]  小説TB (0) |  CM (0) |

 § ウィザーズブレイン Ⅵ再会の天地下
2007年10月27日 (土)
ブックレビュー * 小説・文学

ウィザーズ・ブレイン (6〔下〕) (電撃文庫 (1500))ウィザーズ・ブレイン (6〔下〕) (電撃文庫 (1500))
(2007/10)
三枝 零一

商品詳細を見る

ウィザーズブレイン最新刊☆
☆あらすじ★
太陽の光の届かない永久凍土の地球。
そこで人類が生きるために打ち出した策。
『マザーシステム』
マザーシステムによって人々は生かされ、救われた。
しかしそのマザーシステムを動かす動力源となっていたのは
『魔法士』という情報を書き換え、物理法則をあやつるひとたちの
脳髄だった。
意志と思考を奪われ、一千万人の人を生かすために
生かされ続ける。
マザーシステムをめぐり、様々な人の想いが絡み合う物語。
 more...

[ 15:04:50 ]  小説TB (0) |  CM (0) |

 § NO.6
2007年10月10日 (水)
ブックレビュー * 小説・文学

NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (YA! ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (YA! ENTERTAINMENT)
(2007/09/22)
あさの あつこ

商品詳細を見る

テストの合間に一冊。
あさのあつこさんのNO.6です。

この話にはたくさんつたえたいという想いと願いが詰まっています。
今わたしたちが生きている平和な世の中ですが。

あなたは 今 どれだけの人の事を知っていますか?

         どれだけの物事を知っていますか?

知らないから分からない。知らないからそのままでいい。

知ってしまうと、知らなかった頃には戻れない。
それでも、知るということは大切な事だと。
知らんぷりをしてはいられない。
目をそむけるだけでは何も変わらない。

この本はそんなメッセージを含んでいます。
私のつたない文章だけでは伝え切れませんし、
私が読んだだけでは読みきれなかった作者の想いもあると思います。

続きを読むのところで、この本の一部を抜き出させてもらいました。
ぜひ、そちらもよんでください。
 more...

[ 20:28:24 ]  小説TB (0) |  CM (0) |

HOME | NEXT
Copyright © 2018 黒猫の勝手気ままな放浪記, All rights reserved.
  

Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。