FC2ブログ

黒猫の勝手気ままな放浪記

 自分の趣味に走るとこうなってしまった(」゜□゜)」 という女子高生が送るブログです。
 § MSNメッセンジャー!!
2008年02月29日 (金)

桜桃さんとかギンさんとか輝遊さんがやってらしたやつ。。

なんとなくログインまではいったっぽいけど
なんなんだろう。
この後どうすれば?

と思案中。

寝るって言ってたくせに。


そしてっ!!
重要な事に気がつきましたっっ

どうやら。
今日は。

実力テスト二週間前☆

だそうです。

またテストかよっ

スポンサーサイト

[ 23:26:12 ]  未分類TB (0) |  CM (2) |

 § てってすとしゅうりょぉおおおおおおb
2008年02月29日 (金)

終わった。

終わったよ。
てすとが・・・・。

結果はどうあれ。

よかったよかった。

でわ。
ずっと望んでた半永久的な睡眠に
入ろうかと思います。

[ 22:17:25 ]  未分類TB (0) |  CM (2) |

 § お小遣い帳 ④
2008年02月25日 (月)

テスト前なのに・・・。
ラーメン屋へ行って・・・。
本屋さんへ行って・・・。
古本屋さんへ行って・・・。

なにやってるんだろう・・・。

衝動買いはするし。そのたいろいろで・・・。
でわいってみよぉー
 more...

[ 00:35:33 ]  未分類TB (0) |  CM (2) |

 § 十二国記 丕緒の鳥
2008年02月24日 (日)

輝遊様のところで飛びっきりのニュースを聞いてきましたっ!!

なっなんとっ

十二国記の新刊が出るとか出ないとかっ

で、調べていたんですが・・・。↓

新作「丕緒の鳥」は、雑誌のファンタジー小説特集で書き下ろされた作品で
「慶国」を舞台にした短編。
らしいです。
がっ

単行本出版などは未定。

ガ━(゜Д゜;)━ンゴ━Σ(゜Д゜;)━ンギ━Σ(゜Д゜||;)━

気長に待ちましょう!
終わったのか終わってないのかよくわからないけどとりあえず終わったで納得しておこう

十二国記ですから。
なにせ前巻から
6年ですしね。
まてますっ。
いつまでも待ちますっ

だからっ

早く出してくださ~~~~いっ!!!


[ 13:16:11 ]  未分類TB (0) |  CM (0) |

 § なんですかこれはぁぁあああああぁぁぁぁ・・・・沈
2008年02月24日 (日)

え~とまず今日何曜日ですかっ??
何で明日日曜なんですか
何で明日学校休みなんですか

え~。
どうやら葉っぱは学校休んで24時間以上睡眠をとり続けていたようです。

真剣に頭が痛くて休んでたはいいですが。
24時間。(実際にはそれ以上)
どうなんだ。

そしてっ

テストダァァァァァ嗚呼ああ。

マックスのもって行きかたを
間違えたようです。

はぁ。

戯言シリーズ第三巻。
勉強の合間にと思って再び最初っから開いてみたら

読み終えちゃったしっ

そうかと思えば勉強進んでないしっ。

なにやってんだか。
ってかこれが受験じゃなくてよかった。。。

いやいやでもけっこうやばいぞっ??
だって。


今回のテストからマジに内申がついちゃうんですよっ。
せめてしょっぱなは完璧に通りすぎたいですよ。
今までがんばってきたのを
ねぇ。
最初っから潰したくはないですから。

とかいいつつぱそいじってては説得力ないですよ。

なんかいい勉強の集中法とかありますかねぇ。
みなさんどうしてます?

[ 01:25:21 ]  未分類TB (0) |  CM (2) |

 § テスト前なのに・・・。
2008年02月20日 (水)

テスト前なのに。。。

学校やすみましたぁぁぁ

本気で丸一日寝ましたよ。
昨日の午後6時ごろ晩御飯を食べてすぐベッドにもぐりこみ
おきたら午後3時ww

その間に親に何度か起こされたらしいのですが

親 「休むのっ?」
葉 「う~ん。」
親 「なんでっ」
葉 「う~ん頭痛い。」

見たいな受け答えをしてたらしくっ!?
記憶にないっ。
というわけで学校休んでしまったのですよ。
気分的にはめちゃくちゃ幸せなんですが
精神的にはめちゃくちゃ「どーしよーー!!」ってなってます。
クラスの子にメール打って今日の分のノートを写させてもらう事になったのですが
それでもかなりめんどくさいことにおもえるわけです。


そしてっ

テスト前なのに。。。PART2!

ノーと貸してくださいメール打った後。
開かれたパソコン。
開かれたOutlook画面。
開かれたお気に入り。

結果は。
ご存知の通り。


テスト前なのに・・・・・・・・。

[ 22:49:04 ]  未分類TB (0) |  CM (0) |

 § 
2008年02月19日 (火)

まず初めに。
大幅に遅れてしまった輝遊様への返信をこれに変えさせていただきますっm(_ _)m

次に。
平城遷都1300年のマスコットキャラのURLです。
見てるべしですよ。
ぜひとも皆さんのご意見ご感想をいただきたいところですよほんとに。
平城遷都1300年マスコットキャラBY朝日新聞

三つ目に鹿男について。
鹿男がおもしろいっと思っている方はスルーしてください。


鹿男は私も一話しか見てないのですが
まず、
奈良弁でないあたりで違和感ありありです。
奈良公園とか猿沢の池とか
かなりうろついたりする場所で撮影してますので
そこで標準語しゃべられるとなんとも違和感がww
奈良=鹿!
見たいな事になってるのもあんまり納得いかないですね。

(そしてこのあたりから鹿談義に移ります・・・)

鹿が飛び出してきて車で轢いちゃった場合。
まず罰金30万ほど。
ならの鹿は神様ですからねぇ・・・。
そして車はおそらく修理が必ず必要なほどに
どがぁんと。
それの修理費も馬鹿にならないです。(鹿だけに馬鹿にならn・・ぐはっげほっ
さらにっ
ならの鹿はやたら人なれしていて気持ち悪いです!
鹿せんべいと言う鹿のためだけに作られた
まっずいせんべいがあるのですが(本来人が食べる物ではないのに食ってる奴ww
まずそれを見たとたん。

鹿は集まってきます。

逃げようものなら追いかけてきて。
一匹にせんべいをあげだしたら
つぎつぎと差し出す前に奪っていきやがります。
なんともかわいげがありません。
ってか怖いです。
そしてっ
せんべいを差し出したまま離さなかったら

けられます。

それはもう
ずばぁっんと。
事実葉っぱは三歳のときにけられました。
しかもちっさかったので顔面をww
小学生になってからも一度けられたのですが。
そいつはなんと

白鹿だったのですっ

あえるだけでもびっくりな奴なのに
蹴られるとはっ。
うれしいんだか悲しいんだか。
そしてその一週間後。

白鹿ご臨終でしたっ!!

かなりのご高齢だったようですが。
なんともまぁ。
無理して子どもを蹴るから。
きっと神様の罰が当たったんだ。
ってあなた(鹿)が神様でしたね・・・。

奈良の鹿様にはこれでもかと言うほど恨みがあるのですが。
(猿沢の池の亀にやろうとした麩を横取りされたり・・・。
 鹿せんべいを買った瞬間に全部奪われたり・・・。etc・・・)

一度奈良に遊びに来てくださいなっ。(はっ??
きっと楽しいですよww(ああ、大仏は見る価値あるかもねぇ。

とまぁ。
鹿談義でした。
テスト前の夜中になにやってんだか。

[ 02:03:50 ]  未分類TB (0) |  CM (4) |

 § うっそだぁぁぁぁ
2008年02月17日 (日)

うそだうそだうそだうそだっ
そうだうそだっ
世界はうそで構成されているのだから
これはうそだっ

午前9時におきて午前10時に再び寝て!
そのあとおきたら

午後4時


ってどういうことだぁぁぁぁあああああ。
今日はがんばってテスト勉強するつもりだったのに。
今日はちょっと小説も書こうかと思ってたのに。
もう一日終わりじゃねぇか。


はぁ。。
話変わって。(もういいのかよっ

昨日CDをいろいろかりてきたのですが。
そのなかにTHE BLUE HEATS のベストCDがあったのです。
で、

あっこれ卒業式に流したらいいかも。
と思ったわけですよ。
なんかもう
卒業式の粛々とした雰囲気をぶち壊しにして
先生を皮肉って。
でも歌詞はよくて。
みたいな。

まっみんなのってくれないだろうけど。

[ 19:15:13 ]  未分類TB (0) |  CM (0) |

 § 東京に修学旅行です!
2008年02月14日 (木)

修学旅行ですが。

東京なんですよ。

はぁ(;¬_¬)

もうちょっとスキーとかスキーとかスキーとか沖縄とか行きたかった・・・。

まぁ決まっちゃったものは仕方がないので。

修学旅行で
こんなところ行けば?
とか
こんな事があったから気をつけろ!
とか
こんなもの持ってくと楽しい!
とか
そのたいろいろ。

あったら教えてくださいっ!!

なにぶん自由行動のある修学旅行というのは
初めてなもので・・・。

よろしくお願いしまっすっ!


[ 19:06:29 ]  未分類TB (0) |  CM (4) |

 § 迷えよっ!!
2008年02月14日 (木)

葉っぱは奈良県民です。
今度
平城遷都1300年の
事業が行われるらしいですが。
その事業にマスコットキャラが生まれたそうです。
いわゆるひこにゃんと同じ立場の奴の誕生です。

で。

新聞を見たらっ(;¬_¬)

ひどいっっっ。
ひどすぎます。

一休さんに鹿の角はやしただけですよ。
正確には仏像に鹿の角ですけど。

とにかくひどいんです。
ひこにゃんと同列の立場に並ぶ資格がありませんよっ。

鹿男あをによしといいこいつといい。
奈良を何だと思ってるっ!
鹿男はまだ許せるとしても。
こいつだけはゆるせねぇ。

さらに人に聞いた話では。
奈良県知事。
「迷わずこれに決めました。」
と。

迷えよっ。
訂正。
お願いだから迷ってください。
ほんとに。

ひどいですよ。

[ 00:51:55 ]  未分類TB (0) |  CM (1) |

 § ひどいっひどいよっ
2008年02月14日 (木)

テスト二週間前ですよ。
一応勉強は始めたんですが
思った以上にバレンタインのチョコのラッピングに時間がかかって・・・。
一時間半くらいかかったんですよ。
包んだ数全部で17個。

去年まで学校に持って行ってもよかったんですが
今年はだめとか言われたので
みんな日をずらして持ってきたりしてます。
私はどうしようかと思うけど
まぁいいかなぁみたいな。
何でだめになったんだろ?
村に中学校がひとつしかないので
校区が恐ろしく広くて
遠い人だと10キロ以上離れてるんですよ。
だから学校で渡してもよかったんです。
なのに今年は
「学校は勉強するところだから不必要なものは持ってこないように。」

わけわかんねぇよ。
じゃあ今まではなんだったんだっ!

まぁとにかく

眠いです。

[ 00:46:02 ]  未分類TB (0) |  CM (1) |

 § 置くだけバトン
2008年02月14日 (木)

自分的にかなりつぼったなぁ。。

こういう意味のない事もたまにはいいかもしれない。

ということで気になる方どうぞ↓
 more...

[ 00:35:00 ]  バトンTB (0) |  CM (0) |

 § 人 ③ �
2008年02月12日 (火)

その人は決して近づいてこない人でした。
誰の隣にもいませんでした。
隣にすらいませんでした。

その人はミラーハウスのような人でした。
ただ、見えているだけでした。
本者は絶対に見えませんでした。
すぐ近くにも
少し先にも
ずっと後にも
見えるのに。
見えるだけでした。
ただ、時折
本者ではないかと思うものが見えるときもありました。
それがとてもとても
幸せでした。

そんなその人の向けてくれた言葉は
おそるおそる手を伸ばす小さなこどものような
そっと様子を伺うような
そんな小さな勇気の言葉でした。
その言葉に私は
自分が答えてよいのか
本物の言葉を返せるのかと。

疑いました。

[ 22:06:13 ]  自作小説―人TB (0) |  CM (0) |

 § あたたかさ
2008年02月11日 (月)

「野風花の手あったかいな。」
空から舞うのは白い粉雪。
吐く息は白く、すでに雪が積もりつつある静まり返った街はやはり白かった。
凍てつく空気は肌を直接かすめていく。思わず身体を震わさずにはいられないような風が吹き抜けた。
「でしょ。でもキミが冷たすぎるんだよ。」
冷たい手を軽く握る。ひんやりとするその冷たさはしかし、いやな冷たさではなかった。
「知ってる?人が暖かいと感じるときって、それの熱を奪ってるんだってさ。」
指が絡む。冷たさと暖かさの境目が少しずつ曖昧になってくるのを感じた。
「奪っていいよ。奪っていい。キミが何をしても私はキミを許すよ。キミのすべてを受け入れよう。キミのすべてを愛してる。」

雪の舞う寒空の下。
小さな燈の花が、甘く優しく咲いていた。
 more...

[ 21:22:01 ]  自作小説―短編集TB (0) |  CM (0) |

 § 人 ② �
2008年02月11日 (月)

その人はやさしい人でした。
やさしくて
残酷な人でした。

その人は言いました。
自分のせいで誰かに傷ついてほしくないと。
でもその人は
ただ逃げているだけでした。
人を傷つけてしまう自分から。
人を傷つけてしまう事実から。

人に囲まれているのに
誰の近くにもいない人でした。
近くにいるのに近くにいない
そのことに気がつかないでいると
手を伸ばしたとき
とても傷つくのです。
触れることすら許されないと。
触れることすら許してもらえないと。

でも
それまでその人はとても優しいのです。
だから
残酷なのです。

その人は気づいていたでしょうか。
私にはわかりません。

そんなその人も
私と同じように
人と向き合えない人でした。

その人がむけてくれた言葉は
画面に浮かんだ優しい言葉でした。
だから私はその言葉を

ありがとうと言って受け取りました。

[ 20:46:23 ]  自作小説―人TB (0) |  CM (0) |

 § 人 ① �
2008年02月11日 (月)

私は人と向き合うことが苦手です。
というかできません。
最近気がついたのですが
どれだけ私がその人を視ていても
結局私は逃げているのです。
ほぼ無意識に。

私がどうしても苦手な人がいたのです。
その人は16歳にして大人になってしまった人でした。
その人は決して人から逃げませんでした。
真っ向から向きあってきました。
その人の向ける言葉は本物で
偽者の私が受け止めるにはまっすぐすぎたのです。
だから苦手でした。
ずっと私はその人が変わっているのだと思っていました。
でも違いました。
確かにその人は変わっていたのですが
その人はまっすぐなだけでした。

その人が向けてくれる言葉は
とてもとても
素敵なものでした。
でもわたしはそんな素敵なものから

逃げることしかできませんでした。

[ 20:21:29 ]  自作小説―人TB (0) |  CM (0) |

 § うそっだろぉぉぉ
2008年02月09日 (土)

小説更新!とかいいながら。

ただいまそとでは雪が降っております。
起きた時からずっと降ってるわけですが。
なんと!

積雪量20cm

しかもですよ。
葉っぱの家ストーブが薪ストーブでして・・・。
火がついてなかったんですよ。
今現在家の中で息をはぁーってすると

白いっ

指が冷たくてさっきから誤字連発ですよ。
動かないんです。指が。

とりあえずあっつい紅茶でも飲んでからだをあっためようとか
おもったわけで。
お茶を淹れたわけですが。

猫舌だったっ

といことで冷めないと飲めなくて。
ただいまカップで手を温めております。

とほほ。

[ 14:51:26 ]  未分類TB (0) |  CM (7) |

 § これが恋!?
2008年02月09日 (土)

小説更新!
とかいっときながらこっちに逃げちゃった☆(☆っじゃねぇよ

恋ですよ恋。
みなさんの恋について語ってもらいましょうか(違うだろ

このあたりで勘のよい方はわかってきたのではないでしょうか。

それでは行ってみよー↓
 more...

[ 14:34:49 ]  バトンTB (0) |  CM (0) |

 § プチ復活といいながら・・・・。
2008年02月09日 (土)

プチ復活といいながら
つい先ほどまで
管理画面にすら入っていなかった葉っぱです。

昨日学校休んだんですよ。
前回同様
一日登校拒否です。

なんだか最近
いろいろどうでもよくなっちゃってたり。
うーん。

まあとりあえず

小説更新だ!

[ 14:05:28 ]  未分類TB (0) |  CM (0) |

 § 君
2008年02月09日 (土)

大切な大切な君。
かけがえのないもの。
私の光。

そんな君の言葉でさえも
疑ってしまう私。
信じ用いる事はあっても信じ頼る事はしない私。
信用はしても信頼はしない私。
だれも好きにならない私。
だれも受け入れない私。
絶対に踏み込ませない一線を持つ私。

誰も許さない私。


こんな私でも
君は好きだといってくれるのだろうか。


私は君を信じることができるのだろうか。
私は君を頼る事ができるのだろか。
私は君を好きになることができるだろうか。
私は君を受け入れる事ができるだろうか。
私は君を招き入れることができるだろうか。


私は君を許す事ができるだろうか。

君はこんな私を許してくれるだろうか。

君はこんな私を好きだときってくれるのだろうか。
君は私が君を好きになる事を




許してくれるだろうか。




[ 13:34:53 ]  自作詩TB (0) |  CM (0) |

 § さぼり美術部ww
2008年02月06日 (水)

今日はちょっと部活ネタを。

うちの学校帰宅部がなくて
全員部活に入らないといけないんですよ。
また部活の数も少なくて。
文化部は美術部と吹奏楽部しかないんです。
他の運動部はいろいろ大会とかあるし
吹奏楽部はコンクールがあるし。
美術部だけ特に何もない生活を送っているわけです。
当然部活なんかやだーって人もそれなりにいるわけですから
美術部はそんな人たちと本当に絵が好きな人とで
いつももめてたり。。
真剣にやってる人にとっては
まわりでぎゃーぎゃーやられると迷惑なんでしょう。まっ当然ですね。
さらに悪いことに。
人の悪いところというのは良いところより人の目に付きやすいのです。
よって。

さぼり美術部。

完成ですよ。
まじめにやってる人にとってはいい迷惑ですよね。
美術部に入ってるだけで
さぼり扱いされるんですから。
ということで
またもめてたり。

ちなみに葉っぱは
好きに適当にやってます。
さぼったりしますけど。
邪魔はしてませんっ
まっ、大差ないですけど。

とにもかくにも。
ここからが本番なんですが↓
長いです。心して読んでください。
最後の方の
おち(?)だけでも読んでいただければ・・・。

 more...

[ 23:13:27 ]  未分類TB (0) |  CM (2) |

 § ひさびさ&プチ復活b
2008年02月04日 (月)

久しぶりに

小説更新!

なんか。。。
短かったなぁと・・・。
一話分にまとめればよかったなぁ。

なぜ。
書く気になったかというと。

輝遊様がもうこの世のものとは思えないような
ほめコトバで
葉っぱを紹介してくださったからですっ!

輝遊様ありがとう!(≧∇≦)!

そろそろちゃんとコミュの方も書かなきゃなぁ。
ちょっと放置しすぎたよww
ごめんなさいっo(T□T)o

まぁちょっとやる気になったので。
がんばりますっ。

[ 23:12:42 ]  未分類TB (0) |  CM (0) |

 § 不愉快で退屈な日常―第十二話
2008年02月04日 (月)

ちょっとした興味だった。
音楽はそれを奏でるものの心をうつす。
この少年がどんな音をだすのか気になった。
―気になった・・・か。
自身の思いに対し自嘲的な笑みを浮かべる。まさか自分が他人を気にするとは。
しかし。
見事なものだった。
これほどの腕を持っていれば自分のピアノを本当に『聴いていた』のだろう。
―この人も・・・。春風も。独りなんだな。
春風がそうだったように、また彼女も『聴いていた』
―傷ついてるね。すごく、悲しい響き。冷たくて褪めちゃってるけど。

優しい。

予鈴がなった。しかし、春風も彼女も動こうとはしなかった。そのまま音を楽しみ続ける。音楽をつづける。そのまま授業が始まっても。
やはり彼らは音を奏で続けた。

[ 22:45:29 ]  自作小説―不愉快で退屈な日常TB (0) |  CM (0) |

 § 不愉快で退屈な日常―第十一話
2008年02月04日 (月)

「ねぇ。キミはどうしてここでピアノを弾いてるの?」
「逃げてるの。」
いきなり何の脈略もなしに尋ねられたことであったが、答えは用意されていたかのようにあらわれた。そして言ってから後悔する。
―こんな事言っても通じないのにね。
「逃げる?何から?」
当然そういう問いが返ってくるものと思ったのだ。
しかし、彼の言葉は意外にもあっさりとしていた。
「そっか。じゃぁキミもおれと同じだな。」
何から逃げているのか。
そんなことなど聞くまでもなく知っている。
そういったかんじだった。
そうか。と思い返す。それは朝、目の前の少年と交わした会話だ。
この少年は『普通』ではない。ただ大きな流れに流されるままに生き、考える事をやめた人間ではないのだ。
それを思い出し、ひとり納得する。
「春風、だよね。あなたはどうしてここに来たの?」
「えっ?ああ、ちょっと気分転換にピアノを弾こうかと思って。そしたらキミのピアノが聞こえてきて・・・。」
どうやらその目的を忘れていたようだ。静かに椅子から立ち上がりその横に立つ。
「春風のピアノ。春風の音を聴かせてよ。」

[ 22:13:31 ]  自作小説―不愉快で退屈な日常TB (0) |  CM (0) |

 § アンカー禁止バトン。(とにかく長かったです)
2008年02月03日 (日)

桜桃様と輝遊様からまわしてもらいましたww
最後の追加の質問はお二方ともの質問を追加した上で答えさせていただいてますww
でわでわバトン祭り第二弾!いってみよぉー



 more...

[ 23:25:37 ]  バトンTB (0) |  CM (2) |

 § SM診断バトン
2008年02月03日 (日)

ウィスペル様からいただきましたー
でわでわいってみようっ!
 more...

[ 23:23:55 ]  バトンTB (0) |  CM (0) |

HOME
Copyright © 2008 黒猫の勝手気ままな放浪記, All rights reserved.
  

Item+Template by odaikomachi